日々雑感 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hdml.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

郵便局の暗い記憶

   ↑  2010/07/15 (木)  カテゴリー: その他
先日からのゆうパック遅配や郵便局のATM一部サービス停止等の記事を読んでいるうちに、むか~し昔の郵便局にまつわるイヤな記憶がよみがえってしまいました。
すっかり忘れていたんだけどなー。

私がまだ高校1年だった頃のお話です。
母がフルタイムで働いていたため、いろいろな支払いを私がすることがあり、中学校までは自宅近くの小さな郵便局を利用していました。
そこの窓口のお姉さんは優しい人で、いつもニコニコしながら処理してくれました。

高校に入学すると、部活等で帰りが遅くなるようになったため、自宅近くの郵便局を利用することはできなくなりました。
でも支払いはある訳で、期限というものもありますし、困った私は昼休みに高校を抜け出し、走って約15分のJR駅前にある郵便局まで行くことにしたのです。

一応校則では昼休みに無断で校外に出ることは禁止されていたのですが、まぁ、校則を破ったんですね。

さて、JR駅前の郵便局に着き、早速支払いをしようと窓口に振替票と現金を提出しました。
すると、窓口のお姉さんがギロっとにらむんです。私を。
あれ、なんだろう、お金足らなかったかな?
と思っていると、いきなり、詰問調でそのお姉さんが

「どこの学校?」

と聞いてきたんです。

私「○○高校です」

窓口「何年何組?」

私「?」

窓口「何年何組?」

私「1年8組です」

--勢いに押されて答えてしまったんです。だって答えないと振り込みしてくれないような雰囲気だったから。

そのお姉さんは高校名とクラスをメモに書き留めていたようでしたが、その後は何も聞かれず、支払いも無事完了して、私はまた急いで高校に戻ったのです。今まで郵便局の窓口で高校名とかクラス名とか聞かれたことなんて無いよな~と不思議に思いながら。。。

席に着き、昼休み中に帰れて良かったーとホッとしていたら、担任の先生に呼ばれました。
職員室に連れて行かれて、

先生「昼休みに駅前の郵便局に行ったか?」

私「はい...」

先生「何しに行ったんだ?」

私「支払いが...」

先生「そうか。実はな、郵便局から連絡があったんだ」

私「え...」

先生「お宅の生徒が学校を抜け出して郵便局に来てるってな」

私「...」

先生「そうだよな。用事があるから行ったんだよな郵便局」

私「はい...」

先生「よし。もういいぞ」

職員室からクラスに戻るまでの廊下で、少しずつ怒りがこみ上げて来ました。
あの人だ。あの窓口のお姉さんはこのために私の高校名とクラス名を聞いたんだ。
とてもショックでした。

その後、私は何度かその駅前の郵便局を利用せざるを得ませんでした。
そしてその都度、そのお姉さんに高校名とクラス名を聞かれました。
きっと、毎回、学校に言いつけていたに違いありません。
でも、担任の先生はそれを黙殺し続けてくれました。

高校2年の時、駅前より高校に近い場所にもう1つ郵便局ができて、それからはそこに通うことにしました。
そこの郵便局には意地悪なお姉さんはいなかったので、イヤな思いをしたのは1年間だけで済みました。

以上が郵便局にまつわるイヤな記憶です。
はぁー、今思い出しても腹が立つ。いや、思い出したくなかった。

すみません。すみません。
どこかに吐き出さないと自分の中で処理できそうになかったもので。。。
関連記事

(記事編集) http://hdml.blog2.fc2.com/blog-entry-165.html

2010/07/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Cat Shit One
この前の記事 : My First Android

Comment

コメントを投稿する 記事: 郵便局の暗い記憶

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Cat Shit One
この前の記事 : My First Android
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。