日々雑感 

剣道大会

   ↑  2010/11/04 (木)  カテゴリー: その他
あまり知られていないと思いますが、毎年11月3日は全日本剣道選手権の開催日です。
例年通り、今年も武道館で開催されました。

今年の優勝者は、神奈川県警の高鍋氏。初優勝です。
昨年の優勝者、内村氏は連覇を逃し、準優勝でした。

剣道をやっていた夫がまだ彼氏だった大昔、武道館に連れて行かれてこの大会を見て、独特の雰囲気にハマってしまい、それからはなるべく見逃さないようにしています。
(見逃すと後でなかなか見ることができないですし。。ニュースでもほとんど流れない)

今回はNHKの生放送を見ていたのですが、今年は優勝者の高鍋氏のまなざしが大変印象的だったので筆をとり...いえ、キーボードを打ちました。

放送は準々決勝から始まり、私が高鍋氏の試合を見たのは準決勝でした。
TVカメラがズームして選手のアップを写したとき、防具の隙間から高鍋氏の「目」が見えたのです。

その「目」が何とも言えない目だったのです。

どう表現したら良いか、無心の目、澄んだ目、真摯な目、集中している目、仙人のような目、少し眠そうな目、、、とにかく、とても試合をしている人間の目とは思えませんでした。

剣道ド素人の私が「この人、きっと優勝する!」と確信するほどでした。

解説者が、剣道の「一本」はただ当たるだけではダメで、そこに至るまでの過程が大事である--と言うようなことをおっしゃっていましたが、その根本的な「こころざし」のようなものを高鍋氏の「まなざし」に見た気がします。


私はあんな目をしたことがこれまでの人生に一回でもあっただろうか?

--などとしばらく考え込んでしまいました。


第五十八回全日本剣道選手権大会

YouTubeで試合の動画を見つけました(残念ながら目がみえるほどのズームはありません)

▼準決勝
1分55秒、4分55秒、共に高鍋氏の面が決まる

携帯はこちら

▼決勝
9分過ぎに高鍋氏の面が炸裂。審判全員が間違って内村氏の旗(白)を揚げてしまうほど。

携帯はこちら
関連記事

(記事編集) http://hdml.blog2.fc2.com/blog-entry-183.html

2010/11/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 剣道大会

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback