日々雑感 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hdml.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

地震とお母さん

   ↑  2016/12/01 (木)  カテゴリー: その他
私の職場にはヤクルトお姉さんが毎週来ます。

とてもきれいなお姉さんです。
ヤクルトお姉さんにしておくのがもったいないぐらいです。

私は職場に私以外の女性がいないので、そのヤクルトさんとお話しするのがとても楽しみです。

先週のことですが、ヤクルトさんが、お子さんに「明日、大きな地震があるので非常食をたくさん買ってきて」と頼まれている、と聞きました。
なんでも、そのような予言があるそうで、ものすごく真剣に、「非常食、絶対忘れないで」と念を押されたとのことです。

私はウン十年生きてきましたが、「予言」が当たったことはないと知っています。

ただ、「災害はいつ起きるかわからない」ということも知っています。

ですから、「災害に備えることは良いことだね。ただ、専用の非常食よりも缶詰めとか、普段食べられるものを買っておいたらどうかしら?」と伝えました。

ヤクルトさん「そうですね。非常食は高いですし。。。そうします。」

私「その予言、当たらないといいね」

ヤ「はい。子供は本当に心配しているので。。」

私「来週、また無事に会えるといいね。」

ヤ「本当に。ではまた来週」

ヤクルトさんはそう言って帰っていきました。

---

そして今週、ヤクルトさんはいつも通り来ました。

最初、二人とも先週話したことなど忘れていて、よもやま話に花を咲かせていたのですが、ふとした拍子に思い出して、聞いてみました。

私「先週、大地震なかったね」

ヤ「あ、そうなんです。よかったです。」

私「非常食、買ったの?」

ヤ「はい、買いました。近所のスーパーで、缶詰めとかお菓子とか水とか。」

私「そう」

ヤ「それで、子供に買ってきたものを見せて安心させて」

私「ふんふん」

ヤ「枕元に置いて、靴下をはかせて寝かせました」

私「ほーほー」

ヤ「翌朝起きて、『何もなかったね。よかったね』って」

私「本当によかったね。」


ヤクルトお姉さんが、素敵なお母さんでもあることがわかった出来事でした。



-------------------------

昨年、抽選で当たったヤクルトジョアトースター
ヤクルトジョアトースター





関連記事

(記事編集) http://hdml.blog2.fc2.com/blog-entry-270.html

2016/12/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : SmallPICT v3.0公開開始
この前の記事 : iPhone麦茶浸し事件

Comment

コメントを投稿する 記事: 地震とお母さん

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : SmallPICT v3.0公開開始
この前の記事 : iPhone麦茶浸し事件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。