日々雑感 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hdml.blog2.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

BSドラマ「嘘なんてひとつもないの」

   ↑  2017/03/30 (木)  カテゴリー: ドラマ
先日、「嘘なんてひとつもないの」が面白い という記事を書きましたが、3月28日(火)が最終回でした。

パイロットになりたいのに7年間引きこもり生活を続けている山崎真が主人公です。
演じるのは須賀健太さん。

この、山崎真が同姓同名の女性、山崎真琴に出会い、引きこもりから脱していくというストーリーです。

全4回で、私は第1回放送を観て面白いと思い、記事を書いたのですが、正直、第2回・第3回は「うーん。。。勧めるほどでもなかったかなぁ」とちょっと後悔していました。

しかし、先日の第4回(最終回)の終わり方がものすごく良かったのです。

もうね、「うわっ、それが伏線だったのかー」

という感じ。

観ていない方には、私が何を言っているのかさっぱりわからないでしょうね。

国内のパイロット試験を受けられなかった真が、海外でパイロットになるべく飛行機に乗って座席で出発を待っているところでドラマは終わります。

真は女性の真琴が自分に嘘をついていたことに怒りを感じて、海外でパイロットの試験を受けることを決断しました。
しかし、飛行機に乗る直前になって、真琴は真がパイロットになれるようにずっと努力していたことを知ります。

真は動揺し、迷います。

もう、観ているこちらはハラハラですよ。

「待て、飛行機を降りるな。そのまま行ってパイロットになれ!!」

って手に汗握っていましたよ。

いやもう、本当に降りちゃうかと思いました。

でも、そこで、真は思い出すのです。
出会った頃に真琴が言った言葉を。
その言葉を思い出して、ふっと真の迷いが消えます。

その時の、須賀健太君の表情が、何とも言えない良い表情だったんです。

セリフはまったくないのに、わかるんですよ。
「あ、心が決まったな」って。

真琴が何と言ったのかはここには書かないでおきます。
別に特別な言葉ではありません。

確か第2回で言ったはずです。

それから、このドラマの主題歌も素晴らしかったです。
やるせないメロディがストーリーにマッチしてドラマをより盛り上げていました。
このドラマのために書き下ろしたようですね。

OKAMOTO'Sの「時差」という曲です。


「嘘なんてひとつもないの」最終回の再放送が、4月3日(月)23:45~NHKBSプレミアムであるようです。
よろしければご覧になって下さい。






関連記事

(記事編集) http://hdml.blog2.fc2.com/blog-entry-277.html

2017/03/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : F001のバッテリーを交換
この前の記事 : 落とした手袋

Comment

コメントを投稿する 記事: BSドラマ「嘘なんてひとつもないの」

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : F001のバッテリーを交換
この前の記事 : 落とした手袋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。